先進国での外国人の技能実習制度

###Site Name###

TOP > 先進国での外国人の技能実習制度

先進国の日本の高度な技術や技能を開発途上国の外国人の若者に習得させる技能実習制度は国際貢献として認められています。実習生を受け入れることで技術移転を図り、海外に自社の存在をアピールする機会ともなります。実習生は約3年間の実習期間が終了すると母国に帰りますが、帰国してからは海外に事業を発展させようというときの中心人物になってくれることもあります。

日本で高度な技能を身に付けた若者たちは母国では高いスキルを有した優秀な存在としてキャリアアップが約束されています。

カンボジアの人材派遣の初心者も安心のわかりやすい情報を扱っています。

職業の安定とともに母国の経済発展や産業振興に参画できるので、実習生に応募する青年は続々と増えています。



対象者は20歳から30歳前後の青年で、採用が決まってからは事前にしっかりとした研修が用意されています。

外国人の実習生たちは日本語も覚えなければなりませんが、来日するまでの約3ヶ月間にわたって日本語の特訓があります。

実習生として日本の企業で働いた経験のある先輩から体験談を聞いたり、直接質問もできるので出発前に疑問や悩みを解決しておくことができます。外国人の彼らには日本の文化や習慣が異なっているので戸惑うこともあるかもしれませんが、研修の段階で文化やマナーについての講義も行われています。



日本に来てからも定期的に研修があり、買い物などの生活面でのサポートも充実しており、初めてくる日本でも心配なく生活できるようにさまざまな配慮がなされています。